home 診療理念 院長、スタッフ アクセス リンク
 

サポートシステム紹介>3. 世界標準のむしば治療を目指して、ヒールオゾンとヤグレーザー
 
   

・むしば治療
従来の虫歯治療は、感染した歯質を徹底的に削り取って、そのあとにしっかり樹脂や金属をつめる方法です。でもこれでは象牙質のなかの細菌まで殺すのは無理で、再発する場合が多かったのです。そこで以前より、3種類あるいは4種類の抗菌剤を使って、象牙質のなかの細菌を無菌化する方法をとっています。そのほかにも、とけてしまった歯質を固めるお薬を用意しております。
その結果、非常に高い割合で歯の神経や栄養血管をのこすことができるようになりました。神経を抜いてしまうと、どうしても歯が枯れ木のようになったり、根っこの先に細菌がのこって化膿したりして、多くの場合、抜歯することになってしまうのです。

・虫歯探知機
レーザーを用いて、虫歯の進行を調べるので、歯を傷つけずに虫歯を確認できます。

・歯科レーザー
くが歯科医院では、エルビウムヤグレーザーとヒールオゾンを併用した治療を行っております。
エルビウムヤグレーザーは健康保険診療のなかでも認められている唯一の歯科用レーザーで、
その効果、効用は科学的根拠に基づいたもので誰もが認めるところです。むし歯を削除できるレーザーはこれしかありません。いっぽうヒールオゾンはテレビなどマスメディアで何度もとりあげられていますが日本での普及はまだまだ非常に低いものがあります。ただイギリス、ドイツはじめ欧州歯科先進国では比較的ポピュラーな診療機器として認められ、決してめずらしいものではありません。当然多くの論文や治療実績もあり科学的根拠も明確に存在します。くが歯科医院でも導入して2年がたちますが、ヤグレーザーとヒールオゾンの併用でこれまでは残せなかった歯の神経血管も保存することができました。人間のすることですし、また人間の寿命、歯の寿命もあるのでもちろん限界はあります。しかし歯を一日でも長く保存することにかけてはこれにまさる手段はないと確信しています。

<<2. 怖くない歯の治療と次世代切除器具 4. 薬で治る歯槽膿漏と口臭治療>>
Copyright (C) 2005 Kuga Dental Clinic. All Rights Reserved.